写真をあきらめないで!

結婚式の写真を撮る。

この仕事をしてると、良く耳にする話があります。

それは・・・

撮る方(カメラマンと)と撮られる方(新郎新婦)

両方にある不幸な勘違いです。




撮る方、カメラマンの勘違い・・・




それは僕たちカメラマンが思ってる以上にお客さんは写真を大切に思ってる。

写真の出来上がりを、とっても楽しみにしているって事です。

これは僕の所へ依頼された人だけの話ではありません。

撮影するカメラマンが会場提携とかフリーとかも関係無いです。

たとえ週末のアルバイトカメラマンでも関係無いです。

たとえ、つい先日まで素人だった新人カメラマンでも関係無いです。


世間では『結婚式の写真』へのイメージは、あまり良くないです。

でも、だからと言って、みんながそれでいいとは思っていないんです。

どんなカメラマンが撮るせよ、自分の結婚式の写真を大切に思わない人なんていません。

そして、その『想い』は僕たちが想像する以上に大きいんです。

口には出さないだけで、写真を大切に思っている人がとっても多いんです。

衣装や料理、ヘアーメイクと同じくらい思い入れをもってる人が多いんです。


仕事はカメラマンで結婚式の写真を撮っている。

それだけでコンプレックスを抱くカメラマンがいます。

雑誌や広告で活躍するカメラマンへのコンプレックス。

風景や作品、報道やアートの分野で活躍するカメラマンへのコンプレックス。

そして確かに結婚式を撮っているカメラマンを軽蔑するカメラマンは多いです。


その裏返しでしょうか・・・

どうせ毎週毎週、流れ作業のように『消化』する結婚式の仕事だから・・・

どうせ期待されていないから・・・

どうせ、いい写真を撮っても注目されないから・・・

どうせ、コマーシャルカメラマンになるまでの繋ぎのバイトだから・・・

どうせ失敗しても相手は素人で分からないから・・・

どうせ結婚式の写真だから・・・


でも・・・

たとえカメラマンがそう思っていても、新郎新婦は写真に期待してるんです。

だから、ウエディングフォトって仕事はとっても重要で楽しい仕事なんです。

他のジャンルのカメラマンと同じくらい幸せな仕事なんです。

涙流して感謝される事があるくらい、素敵な仕事なんです。

その事に気づかず、実力を発揮しない人が多いのが残念でなりません(>_<)ゞ


結婚式の当日。

新郎新婦の一番そばで。

一番長く一緒に居て。

そして一番近い気持ちでいられるのがカメラマンだと思っています。

本当に幸せを分け合える事が出来るような仕事なんです。

自分の実力を出し切れば必ず喜ばれます。

一生懸命に撮れば必ず感謝されます。

直接伝わってこなくても、新郎新婦の心には必ず残っています。

そして、それがお互いの幸福に繋がると思うんです。



所詮、結婚式の仕事だからと・・・


写真をあきらめないで下さい!





撮らる方、新郎新婦の勘違い・・・



どうせ結婚式の写真なんて、こんなモノ・・・

最初から期待してないし、何十年も前から何も変わっていない。

雑誌や広告の世界とは違うレベルの人が撮るから期待しても無理。

そう思って諦めている人がビックリするくらいに多いです。


僕が撮影させてもらう方には必ずアンケートを書いてもらっています。

そして以外に多いのが会場では写真の打ち合わせはしなかった。

サンプルも見なかったし料金も知らない。

半分くらいの人がそうでした。

その理由の多くが、どうせ見ても一緒だから・・・

と書かれています・・・


でも、よく考えて下さい。

新郎新婦が写真に対してどんな思いでいるのか。

それがカメラマンに伝われば、ちゃんと応えようと一生懸命になります。

でも何も伝わってこなければ、どうしても無難になってしまいます。

フリーとか、会場提携とか、アルバイトカメラマンとか。

そういった立場は關係ないです。


ネットではよくアルバイトの素人カメラマンに対する批判が流れます。

でも、いくらベテランであっても、いくら正社員であっても。

いくら有名事務所でしっかりと基礎を勉強した人であっても。

どうせ結婚式の写真だからと適当に撮ればガッカリするような写真になります。

たとえ新人のアルバイトでも、必死に一生懸命に撮れば、その気持が伝わる写真になります。

アルバイトカメラマンであっても、もらい泣きしながら撮った写真は、ベテランが事務的に撮った写真と何か違うんです。


日本で結婚式の写真を撮る多くのカメラマンは、式が始まる直前まで新郎新婦の事は知らない。

名前さえも式の直前に初めて知る事が多いです。

そういった状況で仕事をさせられている人がほとんどです。

自分から一歩踏み込めない環境で撮影をしないといけない人がほとんどです。

それは結婚式において写真は『おまけ』だった時代が長かったからです。

いまでも、そういった扱いをしているホテルや会場が多いです。

結婚式の写真はこんなもんですよ、と。


昔は写真を失敗無く撮る事が難しかったんです。

ましてや撮り直しが出来ない結婚式の写真。

どんな写真かよりも、絶対に失敗しない、が最優先でした。

そして結婚式自体も問題なく恙無く無事に終わらせる事が最優先でした。


時代と共にカメラも技術も、そして意識や価値観も変化、進化しました。

なのに、その当時の価値観で作られたシステムだけが今も残っているんです。

でも、ちゃんと気持ちを伝えれば思いを叶えてあげようとする人は必ずいます。

フリーとか提携カメラマンとかスナップ派遣会社のバイトとか。

カメラマンの立場は関係ありません。

大切なのは『想い』と『気持ち』と『共感』です。


まずは諦めないでちゃんとプランナーさん、会場担当者さんに伝えましょう。

結婚式の写真をすごく大切に思っていますと。

単なる記録写真ではなく気持ちを込めて撮って下さいと。

そして探しましょう。

その気持を叶えてくれるカメラマンを。


どうせ、結婚式の時に撮ってもらう写真なんて・・・と


写真をあきらめないで下さい!



撮る方と撮られる方のそういった不幸な思い違い。

それが無くなればいいのになぁー

と、思った今年の夏でした。

e0046950_17513539.jpg
和婚...神前式...前撮り写真...結婚式写真


結婚式の出張撮影、和装で前撮り、お宮参り
家族写真、七五三など、写真撮影に関する詳細
料金や出張費、予約等は上のリンクから
ホームページをご覧下さい。
沢山のサンプル写真もご覧いただけます。

[PR]
by nightflyer1001 | 2010-09-17 17:58 | 結婚式カメラマン日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://night1001.exblog.jp/tb/13248811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 写真だけの結婚式 呼び名 >>