奈良ホテルでの結婚式

僕は持ち込みカメラマンとして会場にお邪魔します。

そうすると会場カメラマンは撮らないような場面を撮る事が多いです。

とあるレストランウエディングでの事です。

ポーズ写真や集合写真は会場カメラマンさんが撮る事になっていました。

僕は誰もいないチャペルで準備をしてるカメラマンさんを見つけました。

重たい機材を運び一生懸命に準備されています。

その姿がとても誠実に感じたので声をかけました。

『準備されている所を撮ってもいいですか?』

そのカメラマンさんは不思議そうな顔をしながらも承諾してくれました。

e0046950_19595320.jpg


でも、最後の言葉は・・・

『そんな写真、撮ってもアルバムに使えるの?撮っても無駄じゃない?』

ん・・・



また、ホテルなどの会場でも、こんな事が多いです。

メイクシーンの撮影では、出来るだけ早い段階から撮影したいです。

でも、言われるんです・・・

『普通は全て出来上がってから、ヤラセでメイク風にします』

『1、2分あれば十分撮れますよね?』

『そんなに早くに撮っても絵にならないですよ』

ん・・・



明らかに大きな意識の違いを感じる事が多いです。

使える写真を撮る。

撮らないといけない写真を撮る。

絵になる場面を撮る。

記念のシーンを撮る。

思い出の場面を撮る。

確かに大切な事ですが、それ以外は撮らなくていい。

本当にそれでいいんだろうか、と思ってしまいます。

たしかに余計な所で撮れば進行の邪魔をする事があるのは解っています。

だから進行の邪魔、他の方の迷惑にならない範囲で撮ろうとしてるのですが(^_^;)


思い出の場面だから撮るのではなく、撮った場面が思い出に変わる。

記念の場面だから撮るのではなく、撮った場面が記念になる。

僕は、そう思っています


そして、今回の結婚式の舞台裏です

和装からドレスへのチェンジ中・・・

『いや~髪の毛が凄いことになってるから撮って!撮って!』

e0046950_2002555.jpg


そして新郎さんも・・・

『酔って何が何やらわからんけど、ダンディにキメルわ!』

e0046950_20050100.jpg

和婚...神前式...前撮り写真...結婚式写真


結婚式の出張撮影、和装で前撮り、お宮参り
家族写真、七五三など、写真撮影に関する詳細
料金や出張費、予約等は上のリンクから
ホームページをご覧下さい。
沢山のサンプル写真もご覧いただけます。

[PR]
by nightflyer1001 | 2010-03-08 20:01 | 結婚式カメラマン日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://night1001.exblog.jp/tb/12275073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 講習会 やってしまった! >>